歯周病治療に取り組む坂詰歯科医院
ブログ

虫歯

できる限り歯を削らないコンポジットレジン治療

できる限り歯を削らないコンポジットレジン治療

↑動画には詳しくコンポジットレジン治療の解説を入れています。

再生ボタンを押した際、You Tubeのサイトにとびます。

動画が見終わった後、の「次の動画」は当院とは一切関係がありません。

You Tubeの閲覧は自己責任でお願いします。

 

できる限り歯を削らないコンポジットレジン治療②

 

埼玉県行田市坂詰歯科医院は、可能な限り健康な歯は削らない、コンポジットレジン(CR)治療を主に行っています。

コンボジットレジン(CR)は金属ではないので金属アレルギーの問題はありません。

そして何より、保険内で白くきれいに治せます。

当院はメタルフリーを掲げています。

虫歯治療の第一選択肢はコンポジットレジン(CR)治療です。

(注)コンポジットレジン治療には適応症があります。

埼玉県行田市坂詰歯科医院はコンポジットレジン治療をお勧めします。

 

熊谷鴻巣羽生近く埼玉県行田市坂詰歯科はコンポジットレジン(CR)治療根管治療・マイクロスコープ・歯周病治療・ラバーダムに力を入れています。マイクロスコープを使った虫歯治療の動画です。

虫歯予防が何で大切なの?

虫歯になると、痛みが出たり、治療時間が多くかかる事が有ります。神経(歯髄)を温存する治療になると月単位の期間が必要です!(虫歯が深く進行している場合)虫歯は予防出来る事をご存知だと思いますが! (原因が解明されつつある為) 歯周病は別物です。定期検診による「初期エナメルう蝕」での早期発見!適切なリスク判定・・・専門家の定期管理・・・初期カリエスは削らないで、フッ素塗布して、経過を診ていきます予防といえば歯磨きですが、予防を成功させる為には、ご自宅で行う“セルフケア”と歯科医院での“プロフェッショナルケア”の両立が必要になりますご自宅での毎日のセルフケアが重要な鍵を握るので、自己流ブラッシング法なのか、歯磨剤は適切なのかも専門家がアドバイスします。勉強法と同じで、定期試験を受け、効果の上がる正しい勉強法なのか確認しましよう!」                                                                          ※モチベーション(やる気スイッチ)・・・定期健診で→やる気スイッチのボタンを押す!

1本の歯のムシ歯

1本の歯にどのくらいムシバが出来るかご存知ですか。

奥歯は歯冠部に咬合面・隣接面・頬側面・舌側面計5面あります。歯周病で歯肉が下がると(大人の虫歯)、前歯は1根・小臼歯は1~2根、大臼歯は3~4根の複数の根面が露出し、1根当たり4面あるので、 1本の歯が何十か所も、虫歯になる可能性があります。私たちは生涯20本の乳歯と32本の永久歯を虫歯から守らなくてはいけません。虫歯のなる原因を改善しない限り、1本の歯も様々な部位が虫歯になり、ブラッシングなどが改善されていないと治療した部位も虫歯になります。

※治療した 詰め物の周囲や内側からも虫歯が再発するのが二次カリエス。                                                                  ※う蝕発生機序も解明され予防できる時代になりました⇒原因除去の実行                                                                  ※歯並びや咬み合せも、食生活も含めリスクに個人差があるので、専門家の個別アドバイスが必要です。集団指導は形式??                                              ※私達の臓器の中で、何故、歯だけ生え変わり、数も多くあるのでしょう。形態・役目機能の違いご存知ですか?                                                            ※被せ物で歯全体を覆うことを良い治療と考えない下さい!小さく埋めて徐々に!                                                                             ※アドバンスとして「大人の虫歯」を見てください。

最新虫歯治療の概念

予防歯科先進国である北欧スウェーデンにおける研究では「エナメル質に最初の損傷が認められてから象牙質内にそれが進行するまで、約8年かかる] う蝕はバイオフイルムのコントロールで確実に予防できると言われています.「8年もあれば、穴が開くプロセスを止めるチャンスはいくらでもあり、簡単にう窩に進行する事は無い」と予防歯科の先進国スウェーデンの話ですが、予防後進国の日本でも可能かも知れません?        う窩にさせないための大事なポイントは、スタートラインを早める事です。早期発見・早期治療では無く、早期予防を!                                             痛みが出てから歯科を受診するのは、予防ではありません。                                                                        歯が健康、もしくは健康と思われるうちから,定期歯科健診を受けるべきなのです。唾液検査等口腔内環境変化を見つける技術は進歩しています。リスク管理検査                                                                う蝕に定期的なミネラル補給しエナメル質を修復し続けることで、初期齲蝕の進行はしません。                                                        ※初期エナメルう蝕は削ることなくフッ素塗布等の予防処置を行い経過観察します。

最新虫歯検査機器

レントゲンを使わない虫歯診断法

ケスラースカム

ダイアグノデント

無痛虫歯治療の為に

エイクレス

Er:YAGレーザー 

当院で使用しているレーザー

カリソルブ・・・虫歯を溶かします
3mix  ・・・ 応急処置として
Doc’sセメント・・応急処置として

 

レントゲンを使わないむし歯検査

ケスラースカムの特徴  目に見えないむし歯細菌を特殊なカメラで確認します。

う蝕の原因細菌が分泌するポルフィリンが蛍光発光し、測定することで、う蝕の深さや範囲を特定します

通常、目視やレントゲンで確認できないごく初期のう蝕部位を特定することで、最良の治療を選択する事が可能になります

 

ケスラーカム虫歯診断器

感覚的に分かりやすい色別判定で虫歯の大きさを視覚的に確認する事ができます

proof01.gif

proof02.jpg

<プロキシ>

2つの850nm光源の採用により歯と歯の隙間の虫歯も可視化

proxi02.gif

proxi01.jpg

<マクロ>

100倍拡大画像で細部の確認が可能

macro01.jpg

<カメラ>

口腔内撮影用ヘッドを使って鏡だけでは見えない奥の歯の虫歯も確認する事ができます

cam01.jpg

レーザー光を使った虫歯検査

ダイアグノデントとは?

ダイアグノデント

歯質に当てたレーザー光の反射を解析し、数値と音色に置き換えることにより、歯質の変化を高精度で解読。視診・触診やX線などによる診断よりも高い確率で歯質変化を発見します。                                                         見つけるのが困難とされる隠れ虫歯の診断に有効で、虫歯リスクを考慮しながら予防(再石灰化など)や処置・管理(最小限の切削)を行うことができます。

レーザー光線が極小の到達経路を通って反射

探針(歯医者さんで使う針のような器具)による触診を行う場合、通常しずく形状の裂溝の探査は困難。                        歯面を破壊し、再石灰化を妨げる可能性が高いといわれています。(左図参)

レーザー光線が極小の到達経路を通って反射するため、裂溝域(歯の小さな溝)でも正確な蛍光測定が可能。もちろん歯面は痛めません。(右図参)

人にやさしいレーザー治療

最新歯科治療

Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザー

re-za-%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bcm4-4-jpgre-zagpfPhoto120110223123458.gif

エルビウム・ヤグレーザーって?                                   虫歯治療を唯一薬事認可されたレーザーで発熱が少なく、安全性の高いレーザーと言われています。 

  • 虫歯の部分だけを削ります。
  • 痛みが少なく、ほとんどの治療が麻酔無しで行えます。
    ※当院では無麻酔治療を推奨しているためレーザー治療以外にもエイクレスによる治療も行なっています。
  • 歯周病細菌等の殺菌、疼痛緩和、治癒促進、予防等の効果があり、治りが早いです。             当院ではレーザー治療を補助的に取り入れています。                          病状進行状態によってレーザー治療の対象外になる場合もあります。万能ではありません。          担当医にご相談ください。

MI 治療 ~削る歯は最小限~

『M.I.』とは『ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)』の略で、虫歯治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、虫歯部位だけを選択削除して修復する治療法です。定期歯科検診を受診する事が前提で、欧米では主流の考え方です。

MI治療と通常の虫歯治療の違いは?

MI治療とは生体の持つ自然治癒力を期待する治療です

通常の虫歯治療では、再発予防のために虫歯になりやすい健康な部分(予防拡大)も含めて削ったり、神経が近く痛みが出る可能性のある歯は神経を取る治療(便宜抜髄)を行うことがあります。

これは1度治療した歯が虫歯になったり、痛みが出たり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるために行うもので、一般的に行われている虫歯治療です。

MI治療が普及しないのは、治療時間や回数が増える事もあり、歯科治療は簡単と思っている患者さんからは理解しがたく、学術的要素が多く、予防歯科定期検診を併用しますので、やりたがらない歯医者さんも多いのも現実!
MI治療では再発の可能性のない部位(虫歯菌のいない歯質)は残します。(図の青色点線部分)        そのために接着力の弱い歯質に詰めるためレジン充填材が取れたり、神経(歯髄)の免疫力や回復力が十分働かなくて痛みが出たりすることもあるので、患者さんの理解が必要不可欠なのです。                 ※神経の治療や根管治療の難しさを知っているからこそ、大きく削ったり、神経を取る治療を回避したいのです。

本来のMI治療とは生体の持つ自然治癒力を期待する治療です

MI治療う蝕検知液で染まった部分のみ、削除します。う蝕検知液 感染象牙質が染まる

MI治療ではカリエスチェック(う蝕検知液)を使用しています。                       虫歯に感染している部位を染め出し、着色した感染歯質だけを削り取ります。何回か繰返し、時間はかかりますが、「丁寧な治療」で歯と神経を守る最新う蝕治療です。

その他にもMI治療の為に使用しているもの

マイクロスコープ

マイクロスコープでう蝕部位を拡大する。拡大比較
 

レントゲン撮影をしないで虫歯の状態を把握するために

ケスラースカム
ダイアグノデント

無痛治療のために

エイクレス
Er:YAGレーザー
カリソルブ→保険適用されません

歯の修復に使う材料にもこだわってます。

虫歯リスク検査 プラーク(歯垢)編

プラーク(歯垢)を使って虫歯のできやすさをチェックします

色の変化に応じてその方に合った虫歯予防ケアをご提案していきます

酸産生能.png

どのように調べるの? 

プラークがどこに溜まりやすいのか?

毎回磨き残しが出てしまうのはどこの場所なのか?

残ってしまったプラークはどのくらい歯を溶かしやすいのか? 

検査用の液体を使って簡単に確認することが出来ます!

プラークリスク.png

 

検査の結果に応じてどのようなケアが合っているのかご提案していきます

 リスクに応じて処置していきます

虫歯のリスクの高い方は??

  • その方に合ったフッ素やキシリトールのガムの選択方
  • 普段のお食事のアドバイス
  • 生えたての歯が有るお子さんにはシーラント(虫歯の予防処置)

などその方に合わせたアドバイスを行っていきます。

→シーラントの詳しい説明

虫歯リスク検査 唾液編

チェックバフ(唾液の緩衝能を調べる為の機械)

緩衝能テスト チェックバフ

CAT21バフ(色の変化で唾液の緩衝能を調べる)

唾液検査

緩衝能とは?

むし歯菌は私たちが食事をする度に歯を溶かす酸を出します。

その一方で私たちの唾液には作られた酸の力を弱める緩衝能という力があります。
この緩衝能という力によって私たちの歯をむし歯の発生から守っています。 

緩衝能は個人差や年齢差が有ります!

緩衝能の強弱がむし歯発生や口臭に関与します。

唾液緩衝能を調べることは、むし歯発生の可能性を予測する上での重要な参考情報となり、むし歯にさせないための予防処置を想定することができます。

仮にむし歯にかかってしまっても、治療期間中や治療後において再発防止策を練ることができます。

※緩衝能は生活習慣・食生活の影響を受けますので、改善することで能力を上げることができます。

透照診 光を使った診断

光を使った診断法で肉眼では見落としがちな虫歯も発見することが出来ます

光を使った診断

虫歯は歯の中で大きく広がる習性があります。                                                 光で透過して見ることで中でどのように広がっているか確認することが出来ます。

臨床写真

肉眼では確認しにくい歯と歯の隙間の虫歯・・・

透照診 レントゲン写真でも虫歯のところが影となって確認

光を透過させることで虫歯のところが影となって見えてきます。またレントゲン写真でも虫歯のところが影となって確認ができます。          ※虫歯も詳しい検査をする事で健康な歯質を余分に削らずに治療する事が可能です。シンプルな検査法ですが、経験値の差が出る検査法です。

フッ素イオン導入

プロフェッショナル フッ素ケア

フッ素塗布よりも効果的にフッ素を歯質に取り込むことができ、う蝕予防・虫歯予防に高い効果を発揮します。」

歯科医院専用のう蝕予防法です。

フッ素イオン導入法とは?

フッ素は不安定な元素

フッ素は単体では存在しない不安定な元素のため常に他の元素とくっついています。

フッ素をイオン化

パイオキュアーによってフッ化ナトリウムを電気的に分解することで、フッ素をイオン化させることが可能です。

歯に取り込みやすいフッ素へ

パイオキュアーは歯を一時的にプラス極性にし、マイナス電荷を帯びているフッ素イオンを歯に取り込みやすくします。

 

フッ素で歯をコーティング

キシリトールとは?

キシリトールって?

  • 白樺や樫の木などの原料から作られる天然素材の甘味料です
  • 甘さは砂糖と同じくらいなのにカロリーは砂糖の75%♪  1gあたり2.8KCal
  • 糖アルコールと呼ばれる炭水化物の一種
  • キシリトールは食べ物にも含まれているものです

虫歯になりにくくなるために必要な量は5~10g/1日

 キシリトールの特徴

唾液分泌の促進

爽快感の有る甘みが唾液を促進♪
唾液の働きにより歯の再石灰化を促します。 

酸を生産しない

酸は歯を溶かします…
しかしキシリトールは酸を生産しないので歯を溶かしません。 

虫歯のチカラにならない

虫歯菌は甘いものが大好き!お砂糖を食べると歯を溶かす酸を出します。
けれどキシリトールは虫歯菌のチカラにはならないため酸を出しません。
またキシリトールは虫歯菌のご飯にならないため弱っていきます。 

キシリトールを選ぶ時のポイント

キシリトールの文字に安心していると、大きな落とし穴が!!

よくお店で売られているキシリトールのお菓子

キシリトールが入っていれば虫歯にならない!と思っていませんか?

実は市販のキシリトール製品はキシリトールと一緒に虫歯の原因になるお砂糖も含まれています。

もちろんキシリトールが入っていない物に比べると虫歯予防の効果は有りますが、リスクが0(ゼロ)というわけではないので注意を!!

キシリトール100%の商品はないの??

例えば歯医者さんで取り扱っているキシリトール商品は、キシリトール100%配合の物や、虫歯の原因にならない甘味料が使用されているものが多いため、虫歯予防の効果が出やすいと言われています。

坂詰歯科医院ではどんなキシリトールを扱ってるの?

キシリトールについてさらに詳しくはこちらから

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ