歯周病治療に取り組む坂詰歯科医院
ブログ
  • HOME »
  • 義歯の種類

義歯の種類

入れ歯作りの難しさ

歯を保存する時代ニーズと共に、歯周病の重症化が進み、抜歯のタイミングが遅れ、顎堤吸収の著しい難症例が急増しています。                                         部分入れ歯では、支える歯が歯周病等で揺れて、苦慮する事も多くあります。                                                                  総入れ歯等も強度顎堤吸収と薬剤の副作用である唾液量の減少が悪条件となり、                                                             歯の喪失後機能回復を目指す義歯作りの困難さは・・・・歯を抜く時期の遅れが、皮肉にも入れ歯作り環境を更に悪くしています。昔の名人も現在では名人と言われないかも。

  • 残存している歯の状態が千差万別で一人として同じ状態の方はいません。
    (歯数・歯周病進行度・動揺度・残存歯の位置・形・土手の状態・噛合せ・高齢者 まだ困難な根拠にキリがありません)
  • 入れ歯は歯科医師だけでは出来ません。歯科技工士という専門家との共同作業です。歯科界の疲弊により
    今、歯科技工士が減少しています(技工士学校では定員割れ)国家資格を取得しても、同じような技術が応用できる宝石加工等に就業しています。
  • 歯を1本だけ失った病態から1本だけ歯が残っている、上顎・下顎・咬み合せと多様な形態があります。                                                ブリッジのように歯を削る必要もなく、インプラントに比べて低費用でオーダーメイドの人工臓器である入れ歯が先進国中で最低料金!
  • 部分入れ歯は歯科知識技術の総合能力が必要で、歯医者から嫌われる部門でもあります。
  • 総入れ歯は口腔内の身体障害であるのに、機能回復リハビリが認められていません。

上記を考慮していただき、長く快適に付き合える「お気に入り」と出会える、種類や利点欠点について説明を受け、よく相談しましょう。

義歯調整と定期検診が肝心です

入れ歯の完成には、お口に合わせるために調整が必要です。

口が動き、食べるときに、入れ歯がどう機能するかは実際に使っていただき確認し、使い心地を試し、必要な調整を終えて、はじめて入れ歯は完成するのです。

調整行い、その後も定期的なメンテナンスを受けて入れ歯の快適な状態を長く維持しましょう。眼鏡を何回も作り直した経験はありませんか!

 

入れ歯専門外来

高齢化の波は著しく顎堤(ドテ)が吸収した無歯顎の患者さんが増えています。

顎堤吸収の進行により低位咬合となり、下顎位(アゴ)が偏位し、機能的な問題を発生する症例が多くなっている。

25年前は「痛くない義歯」でしたが、現在は「装着感が良い義歯・健康を回復する入れ歯」が求められています。

治療用義歯によるリハビリ・トレーニングを含めた義歯治療・入れ歯には何十もの種類があります。

下顎金床

パラタルバー上顎金属床1

総義歯

下記のような不具合を感じられる方は一度ご相談ください

あなたにピッタリの義歯をご提案させていただきます

  • 今使っている義歯が痛い事がある・・・軟らかい緩衝材を使います。
  • 今使っている義歯が噛みにくい・・・・人工歯の形・硬さ・配列
  • 今使っている義歯の見栄えが悪い・・・歯並びを相談しながら
  • どんな義歯が自分にとって一番良い義歯なのか分からない
  • 自費の義歯と保険の義歯とでどれくらい違うのか知りたい
  • 新しく作ってどれくらい使えるのか知りたい
  • 料金がいくらくらいになるのか心配
  • 通院の回数が増えないか心配・・・・満足度によります

上記のいずれかに当てはまる方は入れ歯の相談を受付しています

※裏打ちを何度もしている。何度も義歯が割れている。人工歯が外れる。増歯修理を繰り返している。

入れ歯の種類

上の歯の口裏に密着させる床部分は、大きくプラスチック(レジン)床金属床に分けられます。

プラスチックと金属の最大の違いは

金属床の場合は床部分を薄くできる点です。

プラスチック(レジン)床と金属床の比較写真

プラスチックと金属では約3倍の違いがあります

実際に床の部分の厚さを測ると

プラスチック(レジン)1.7~2.4㎜     金属0.4~0.6㎜

お口の状態、体質、症状により状況が異なりますがレジン床と金属床とでは約3倍の違いがあります。

レジン床 金属床の違い

レジン床

長所

・金属床より軽量(一部の金属床を除く)
・加工や調整がしやすい
・比較的安価・・・・レジン床を使用した自費義歯もありますので、ご相談ください。

短所

・変形しやすい
・金属は丈夫なのでに比べると壊れやすい(破折しやすい)
・熱の伝導性が悪く、丈夫さを補うためにどうしても厚くなるので、より熱を伝えにくい

金属床

長所

・金属は丈夫なので薄く作ることができその口の中が狭くならない
・変形しにくい
・食べ物の暖かさや冷たさを感じやすくおいしさを味わうことができる

短所

・プラスチックより調整が難しい
・金属味を感じる事もある
・高価

※自費義歯は、仮義歯を作成し、お口機能のリハビリを行いながら、痛み・審美性回復・嚥下・発音・咬み合せ・適合性の調整を行い、本義歯を作製しますので、治療時間や来院回数は増えます。なるべく、時間・回数等は考慮しますが、保険と同様な作成法では人工臓器としての「快適な義歯作り」は困難と思っています。ご了承ください。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ