歯周病治療に取り組む坂詰歯科医院
ブログ
  • HOME »
  • レーザー歯周治療

レーザー歯周治療

レーザー治療 『LAPT』

レーザー治療◆治療時・治療後の痛みがほとんどない

◆短期間での治療が可能

◆通常難しい、歯周ポケットの奥の細菌が除去できる 

『LAPT』とは?

LAPTとは、アメリカ西海岸で生まれた技術であり、レーザーを用いた歯周病の最新治療法です。

数ある種類のレーザーの中でも最新のダイオード(半導体)レーザーを使用し、歯周病の原因である細菌を除去します。レーザー光を照射することにより、歯周病細菌を除去し、その後炎症を起こしている組織を除去します。

そうすることで、歯茎の再生や回復を促します。

LAPTのメリットは?

  • 治療時・治療後の痛みがほとんどない
  • 炎症を起こしている組織を早期に治す作用があるため、治癒経過が良好となる
  • 短期間での治療が可能となるので、負担が少ない
  • 通常では治療が難しい、歯周ポケットの奥にある細菌の除去ができる
  • 歯周病が進行した場合、歯周外科手術が必要になるが、LAPT治療後は歯周外科手術を回避できる可能性が高い  

ダイオード(半導体)レーザーの特徴

  • 疼痛を緩和させる働きがあるため、麻酔の必要がほとんどない
  • 止血性に優れているため、治療時に歯茎からの出血を最小限に抑えられる
  • 電気的な刺激がないため、銀色の詰め物やかぶせ物をした歯にも治療する事ができる
  • 炎症を起こしている組織に特異的に働きかけるため、健康な組織を傷つけることなく治療することができる

治療の流れ

Step 1. 細菌の除去

細菌の除去

まず、歯ブラシなどを使って、事前にプラークを除去します。

次に、レーザー光を歯周ポケットに照射し、歯周ポケット内に存在する歯周病細菌を除去します。

レーザー光を照射することで、奥深くに有る細菌を押し込むことなく除去することができます。

さらに、歯に付着している硬い歯石を柔らかくします。

Step 2 歯石の除去 

歯石の除去

スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯の周りや歯根に付着している歯石を除去します。

その後、歯根表面を滑らかにして炎症組織や細菌を除去し、プラークや細菌が付着しにくい状態にします。

Step 3 炎症を起こしている歯茎の除去 

炎症を起こしている歯茎の除去

炎症を起こしている歯茎にレーザー光を照射して、炎症組織の再生や回復を促し活性化させます。

歯周病細菌によって、歯茎の組織が破壊され、深くなった歯周ポケットを改善します。

光力学療法(PDT)とは?

PDTとは、Photo Dynamic Therapy(フォトダイナミックセラピー)の略で、日本語では光線力学療法と訳されます。

これは、今までに無かった全く新しい歯周病治療です。

光力学療法

光線力学療法(Photodynamic Therapy)は、まず生体内に光感受性物質(光増感剤)を注入し、標的となる生体組織にある波長の光を照射することで光感受性物質から活性酸素を生じさせます。これによって癌や感染症などの病巣を治療する術式を指します。

歯周病治療における光線力学療法(PDT) は、光によって活性化する薬品(光活性剤)を歯周病ポケット内部に注入し、そこに光を照射することによって、この薬品(バイオジェル)を活性化して除菌を行ないます。

PDT治療だけを行なう際には、麻酔を行なう必要ありません。また歯1本あたりにかかる所用時間も、約1分程となります。
ただ、PDT治療は一般的に単独で行なう治療法ではなく、ルートプレーニング(SRP)と併用することでさらに効果があがる補助的な治療法といえます。自費治療となる場合があります。

光力学療法

光力学療法のメリット

  • 治療に痛みがない
  •  済む(歯1本あたり約1分ほど)
  •  薬を服用できない方(妊婦さんなど)でも使用できる
  •  耐性菌が発生しない
  •  内服がないので、副作用が起こりにくい
  • 繰り返し処置することできる

光力学療法のデメリット

  • 保険が適用されない
  • 無カタラーゼ症の方(体内中のカタラーゼが不足し、過酸化水素が分解できなくなる病気)は治療できない
  • 光感受性発作のある方(視覚に飛び込んだ光刺激に対する異常反応を指します)は治療できない

icon01歯周ポケット内部にバイオジェル(光活性剤)を入れる

バイオジェル(光活性剤)を入れる

治療を行なうポケット内に薬剤(バイオジェル)を注入します。バイオジェルは「光感受性物質」と呼ばれ、光を吸着することによって化学反応が起こり、活性酸素を発生させる効果を持ちます。簡単にいいますと、バイオジェルは歯周病細菌と結合を起こすのです。

2歯周ポケット内部に光エネルギーを照射する

光エネルギーを照射

次に、光エネルギーを照射して、バイオジェルと結合した歯周病細菌を破壊します。

身体の細胞には結合しませんので安全です。光エネルギーも関しても、光が照射される範囲は1~2ミリに限定されいるので、有効範囲は限定的となっています。なお、バイオジェルは、人間の身体の細胞には結合しませんので安全です。光エネルギーも関しても、光が照射される範囲は1~2ミリに限定されいるので、有効範囲は限定的となっています。

その他の歯周病治療と併用が有効

歯周病の治療と併用して行なうことでさらに効果を発揮します。
PDT治療以前に、歯周ポケット内部の感染物質を、超音波スケーラーなどでクリーニングしてから行なったほうがより効果的です。

再発しやすい歯周病には有効

歯周病は歯周病細菌よる感染症ですので、もともと歯周病細菌が多い方は再発率が高くなる病気です。
一定期間をおいて、また歯周病の兆候が見えた時、再度治療を行なうことが可能です。

定期検査で使用すると効果的

PDT治療を行なうことによって、一定期間内は、歯周病細菌の再発を抑えられます。
つまり、定期検査時に歯周ポケットの再発した部位のみ再度治療することによって、維持安定を得られます。

インプラント周囲炎にも適用できます

埋入したインプラント自体は虫歯になることはありませんが、歯周病と近しい症状には陥ります。
この症状を『インプラント周囲炎』と呼びます。インプラント周囲炎は、インプラントが抜け落ちる原因として最も多い病気です。その予防にもPDT治療は効果的なのです。

光力学療法

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ