歯周病治療に取り組む坂詰歯科医院
ブログ
  • HOME »
  • 顎関節症

顎関節症

顎関節症 開口障害 噛合せ

顎関節症は口腔外科が専門と思っていませんか。

顎関節に外科的処置が必要とされる病態は稀で、悪い生活習慣態癖・不良姿勢を是正し、正しい食生活習慣に改善する事により、顎関節部周辺の違和感や不快感が改善することがあります。

噛合せ・姿勢を改善することで、全身の健康を向上させると考え、 お口の中はもちろん、不定愁訴の改善や免疫力の向上、快適な食生活を送るための健康情報を歯科医師の立場から提案していきたいと思います。

最新の話題として、TCH(歯牙接触症)と言う言葉があります。歯が日常的に接触している事が原因であると言われている。歯は噛んでいてはいけないの?食事時だけ。

幼稚園では子供達が騒いでいると先生が「お口にチャック」と言われ大人しくなります。
その時に、歯同士はどうしていたのだろうか。噛んでいたのか、隙間が開いていたのか。

「歯を食いしばれ」そして、頑張れ・我慢しろと言われて来たのに!

歯科医師であれば、「安静時空隙」と言う単語は知っています。入れ歯を作るときに大切なポイントなるので、安静時(リラックスしている)は歯同士接触はしない。

噛合せ治療

噛み合わせの治療というと『歯を削って調整をするもの』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、当院で歯を削るのは最終手段!歯を削る前に確認する事が沢山有ります。

その中の1つが『体の歪み』体と口元はとても関わりが深く、口元に歪みが有る事と体の歪みに繋がりますし、逆に体に歪みが有ると口元の歪みが繋がる出る場合も有ります。

事実、歯を削らずとも、体のバランスを整えるだけで、口の不調が収まってしまう。というケースも沢山有ります。
歯は骨格の一部であり。骨の一部です
削った天然の歯は戻ってきませんし、歯を削るという事は骨を削っているのと同じ事

噛み合わせとからだ全体の健康について

歯や口の中(口腔)の健康は、からだ全体の健康状態と密接に関係しています。噛み合わせが崩れてくると下記のような症状がおこる可能性があります。

  • 強い歯ぎしり、食いしばり
  • 天然歯の欠け
  • 補綴物(詰め物やかぶせ物)の破損
  • 歯のぐらつき
  • 顎関節の痛み、口が開きにくくなる
  • 偏頭痛・慢性的な頭痛・肩こり等の体の痛み

もし現在お口以外の症状でお悩みの方は、一度相談にいらしてください。当院の治療についてご説明させていただきます。

※被せ物・詰め物が咬んでいない方も増えています。奥歯を1歯毎咬合紙で引き抜き出来ないを確認してください。(前歯は引き抜き出来が大事)極薄の専用品で引き抜きテストを行います。   歯根膜は敏感です。咬合紙にも様々な厚さがあります。12ミクロンの精度で

咬合と全身

頭の重さは約5㎏と言われています。ボーリングの球を腕を伸ばして頭上に上げてください。

何分ぐらい耐える事ができますか。

下顎の重さは約1㎏、筋肉で頭からブラブラとぶら下がっています。

バランスが狂ったら、身体が自己調整する為に、普段使わない筋肉等を働かせ、身体が辛くなるのは理解していただけると思います。

バランスを狂わす要因は、口腔内だけでは無く、日常生活習慣にも多く隠されていますので、絡まった糸を丁寧な診断と患者さん参加の元に原因を考察し、口腔内に問題がある場合は歯科医療の出番ですが、人任せにしない心も持ち方が、早い解決法に繋がると思います。

治療院等でマッサージを受けている方も口腔内マウスピース(スプリント)を併用すると、リラックス効果を高める事が可能です。マウスピースは保険適用可                            ※正しい咬み合わせをしていないと、顎がガクガクして安定しないため、周囲の筋肉が疲労します 頭位が安定しないと首・肩・背中・腰へとバランスが悪くなります

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ