病巣感染という言葉をご存知ですか

(根の先に出来るのう胞))(進行した歯周病)

代表的な例として、扁桃腺と腎臓病との関連は知られていますが、歯を抜くと、リューマチや心疾患が改善したり、予防の為だと思いますが、フランス国王のルイ14世は若いうちに全ての歯を抜いたと言われています。いつの間にか大学でも講義されなくなり、一部の歯科医・医師以外からは忘れ去れていましたが、近年アメリカで歯周病と心疾患との関連性が発表され、「歯科と全身疾患」歯科治療の重要性が再認識されるようになりました。

欧米は極端で、費用の関係もありますが、すぐ抜歯を選択する傾向がありますが、時間と費用は必要ですが、根の治療で根尖病変の治癒と歯を守る修復を行うことで保存性が向上し、全身の健康を回復する可能性があります。