学校歯科健診で噛合せと歯肉炎について書きましたが、虫歯の治療に金属を使ったインレーが増えていました。昔のアマルガムよりは、少しは良いかも知れませんが、大学教育は、小さいう蝕にはレジン充填を勧めています。(大きさにより金属インレーが適している事も多くあります。)

溝の浅い(技工士さんは研磨し易い)咬合面形態が気になりました。天然歯を見てください。

溝が深く、立体感を感じると思います。平べったい詰め物は歯に負担過重を起こし、噛合せを変える事があります。

まな板とまな板で噛むのとまな板と包丁では、どちらが良いでしょうか。

保険適用金属は硬いので、適合性と噛合せの精密な調整が必要となります。

萌出完了時に噛合せが本来の位置とズレる事もありますので、定期調整を。