歯科治療には患者さんから見えにくい治療があります。

根の治療と歯茎の治療です。被せ物と違いレントゲンや精密な検査を行わないと分かりません。

見た目の被せ物に比べて、この治療は、欧米では歯を残す専門家として一般歯科医からも患者さんからも高い社会的評価がありますが、日本では、保険点数が低いと、治療価値も低いと患者さんも思われるのか、歯内療法学会関東支部の元理事としては残念です。

保険点数は厚労省の役人が決めた政治制度で医療の質を評価したものでありません。

赤字治療の代表で、安易な抜歯やインプラントを勧める一因かと思います。

根や歯茎の治療法も進歩しているので、新技術に沿った丁寧な治療法に対し、高い評価を期待したいと思います。

※先進国以外では抜歯は当然のように行われていますが、皆さんが先進国と思っている国々でも、様々な理由から抜歯が優先されています。

※歯を抜くことも治療ですので、勘違いしないでください。