私が理事をしている小貫基金協賛で秋葉原において「再生療法の今を語る」講演会が開催されました。内容としては最新の歯周病治療「歯茎・骨を作る」をスーパーぺリオ塾を主催する日本を代表する50代の専門家4名が様々な観点から講演され、最年長の小貫理事長・松本理事・坂詰と卒後40年生としては、難解な内容でしたが、歯周病治療法は確実に進歩していると演者が会場の若き後継者達に、歯を残せる歯科医師を目指すように熱いメッセージを送っていました。

日本の歯科医療は、新技術・知識を研修し手に入れても、保険制度上の制約で実践出来ない事が多いので、若い歯科医師達が夢と気力を失わないように、応援したいと思います。

小貫基金が協賛する事で、会費が通常の半額になりました。今後も若き歯科医師を応援します。