役所が積極的に中高年を対象にした歯周病に対する健診を行っています。歯科疾患に興味ない方には、動機づけとしては、健康政策としても評価できますが、残念ながらレントゲン撮影ができないことが残念です。歯科疾患はレントゲンで骨や歯の内部を見ないと診断できないことが多く、健診は最小限のスクリーニングで大学の授業でも1枚のレントゲンからどの位の情報を読み取ることが出来るかが、問われます。目的を考えると歯周病の見逃しが増える危険があります。少しでもリスクを有していたら、精密な検査を行うように勧告してもらいたいと思います。

前医から歯周病に問題なしと言われた方が、お見えになりますが、精査し歯周病リスクを考えると歯周病治療・予防対策が必要な方がお見えになります。前医との診断の違いは、リスク因子をどのくらい探し出し、どのように評価する、分かれ目と考えます。虫歯は経過観察を行うことがありますが、歯周病は早期診断・早期治療が重要と考えます。