こんにちは副院長の松田です。

先日はJIADS(ジアズ)という団体のインプラントの講習会に行って参りました。

まる2日間みっちり勉強をさせていただきました。今後もインプラント治療に関してはより、質の高い治療を患者さんに提供していきたいと思っています。

私がインプラント治療で思うことは、

いかにお口の中にいれたインプラントが安心に、安全に長持ちするかだと思っています。

インプラントも歯周病になります。歯周病になったらインプラントも抜け落ちてしまいます。歯を失ったら、そこにインプラントを入れてもお口の中に歯周病などの問題があれば、すぐに抜け落ちてしまいます。

インプラントを入れる前に、インプラントを入れられるお口にととのえることがインプラントを長持ちさせるのです。

私は、インプラントをたくさん入れる歯科医師ではなく、歯周病治療の一環として、インプラントを行っていきます。

歯科医師:松田 敦至

歯科医師:松田 敦至