今月の新聞で『歯を削る機器7割使い回し 滅菌せず院内感染懸念』という記事が掲載されました。

歯科では様々な機械を使用しますが、例えば唾液や血液が付着しやすい歯を削るためのドリル!

本来であれば患者さんごとに高温で滅菌処置をし、清潔な状態で使用するのが日本歯科医師会の治療方針でも定められていますが、この滅菌処置をせずに使い回しをしている歯科医院がなんと7割も占めているというのですから驚きです。

滅菌をしない器具を使用するという事は治療を受ける患者の皆様が様々なリスクを負うという事です。

 

坂詰歯科医院ではそのような事が無いように、ドリルはもちろん 全ての器具の滅菌、消毒を行なっています。

また、うがいの水や治療で使用する水。院内の空気等の見えない所の衛生管理まで徹底して行なっていますので、安心して来院してください。

 

当院が安心・安全な理由 詳しくはこちら

きれいなお水の歯医者さん 詳しくはこちら

 坂詰歯科医院