全身と噛み合わせの関係について勉強してきました。

 

歯や骨というのは固く、ガチっと固定されたもの。というイメージをもたれている方が多いかと思いますが、実際はどうでしょう?

例えば歯や骨にしなりが無く、ガチガチに固まったものだとしたら・・・

転んだり、ぶつかった衝撃でバキっと折れてしまいます。

しかし実際、転ぶたびに骨折なんて事はそうそう有りません。

それは骨がしなり、衝撃をうまく受け流しているという事です。

 

また、人間の体は1枚の皮で全身が繋がっています。指先の皮も辿っていけば口に繋がっています。

なので、指を火傷して皮膚が引きつれば、その引きつりは全身に波及し、口元に影響してきます。

今回はそんな全身と噛み合わせがどのように繋がっているか。という事を勉強してきました。

まり似顔絵.jpg

歯科衛生士:坂詰 真理恵

全身と咬合のつながりについて勉強してきました.png