今日は顎変形症、先天異常について学んできました。
最近では保険適応の顎顔面先天異常疾患が増加し、矯正治療を受けやすい環境になってきました。

また、今回は歯並びと頭痛の関係についての話もありました。
最近では頭痛持ちの中学生が増えてきているそうですが、そのなかでも特に下顎の歯並びがガタガタの子の中で頭痛持ちの子が多いということが最近の研究により明らかになってきたということでした。

もちろん、歯並びだけが頭痛の原因ではなく姿勢による骨の歪み、筋肉の緊張など、様々な事が影響しますが、不正咬合が思春期の子供の健康状態に影響を与えるという研究結果は以前から数多く報告されています。

坂詰歯科医院では、健康な口元のための矯正だけでなく、姿勢や体の歪みからくる不調に関しても指導しています。

歯科医師:松田祐理恵
歯科医師:松田 祐理恵