今日は子供のお口の外傷について勉強してきました。
転んで歯が抜けてしまった、ぶつけて折れてしまった…
口の中を怪我してしまった場合は早めに適切な処置を行う事で、治りや折れてしまった歯の予後が左右されます。

また、怪我をしないに越したことはないので、激しい運動をする時はマウスピースを装着するなどの予防も大切になります。
小さいお子さんの場合は歯ブラシで遊んでいるうちにお口に刺さってしまったという事も多いので保護者の方が見守っていてあげる事も重要です。

そして、怪我をするのは出っ歯の人に多い傾向にあります。意外かもしれませんが、歯並びが整っている事も怪我の防止のための重要なポイントになるのです。

見た目に大きな傷害がなくても、見えない所で処置が必要な状態になっている事もあります。放置したことにより抜かなければいけないほど状態が悪化してしまう事もあるので、 一度状態を確認する事はとても大切になります。

歯科医師:松田祐理恵
歯科医師:松田 祐理恵