今回は行田の幼稚園に通う3才から6才までのお友達のお口を見せてもらいました。

最近では、虫歯のない子も増えてきましたが、その代わりに歯並びの悪くなってきている子が増えてきているという印象を受けています。また、これから萌えてくる大人の歯は子供の歯よりも大きいので、成長に従いさらに歯並びが悪くなることが予想されます。

歯並びが悪くなる原因にはよく噛まない食事もあげられますが、姿勢や普段の癖なども影響してきます。特に、今回は舌がダランと力不足になっていることが不正咬合の原因になっている子が多くいました。

成長の著しい時期には私生活の状態がお口の歪みにも影響を与えやすいのですが、早めに改善することで無理なくきれいな口元へ誘導することもできます。

この子のお口は大丈夫?と思ったらまず相談をしてください。

治療だけでなく。きれいな歯並びを目指すためのアドバイスをさせていただきます。

歯科医師:松田祐理恵
歯科医師:松田 祐理恵