高齢化の波は著しく顎堤(ドテ)が吸収した無歯顎の患者さんを増えています。

顎堤吸収の進行により低位咬合となり、下顎位(アゴ)が偏位し、機能的な問題を発生する症例が多くなっている。

25年前は「痛くない義歯」が目標でしたが、現在は「装着感が良い義歯・健康を回復する入れ歯」が求められています。

治療用義歯によるリハビリ・トレーニングを含めた義歯治療・入れ歯には何十もの種類があります。

歯周病で揺れている歯が多くある場合は、夜間専用義歯(歯ぎしりによる歯の動揺を抑える)をお勧めします!

※2018年6月より、大阪府の中川瑛夫先生が考案した「ミラクルデンチャー」をお勧めしています!                          究極の部分入れ歯で、従来の義歯とは異なり、軽くて小さく、バネの目立たない、入れ歯とは思えないミラクルフィット感!快適な入れ歯です。        揺れている歯が有っても、義歯を装着する事により、揺れを抑え、24時間気持ちよく装着できます

※詳細は「ミラクルデンチャー中川歯科」で検索して下さい。

下顎金床

パラタルバー上顎金属床1

総義歯

下記のような不具合を感じられる方は一度ご相談ください

あなたにピッタリの義歯をご提案させていただきます

  • 今使っている義歯が痛い事がある・・・軟らかい緩衝材を使います。
  • 今使っている義歯が噛みにくい・・・・人工歯の形・硬さ・配列
  • 今使っている義歯の見栄えが悪い・・・歯並びを相談しながら
  • どんな義歯が自分にとって一番良い義歯なのか分からない
  • 自費の義歯と保険の義歯とでどれくらい違うのか知りたい
  • 新しく作ってどれくらい使えるのか知りたい
  • 料金がいくらくらいになるのか心配
  • 通院の回数が増えないか心配・・・・満足度によります

上記のいずれかに当てはまる方は入れ歯の相談を受付しています

※裏打ちを何度もしている。何度も義歯が割れている。人工歯が外れる。増歯修理を繰り返している。