メリットは?

  • 治療時・治療後の痛みがほとんどない
  • 炎症を起こしている組織を早期に治す作用があるため、治癒経過が良好となる
  • 短期間での治療が可能となるので、負担が少ない
  • 通常では治療が難しい、歯周ポケットの奥にある細菌の除去ができる
  • 歯周病が進行した場合、歯周外科手術が必要になるが、LAPT治療後は歯周外科手術を回避できる可能性が高い

 

ダイオード(半導体)レーザーの特徴

  • 疼痛を緩和させる働きがあるため、麻酔の必要がほとんどない
  • 止血性に優れているため、治療時に歯茎からの出血を最小限に抑えられる
  • 電気的な刺激がないため、銀色の詰め物やかぶせ物をした歯にも治療する事ができる
  • 炎症を起こしている組織に特異的に働きかけるため、健康な組織を傷つけることなく治療することができる