歯周病を治すためのブラッシング法は病状の進行状態により、変えなくてはいけません

間違ったブラッシング法は病状を進める場合がありますので、自己判断は危険です。

歯ブラシの硬さ

ブラッシング圧

歯の動揺度

歯茎からの出血

ブラッシング時間

歯並び・部位ごと

急性・慢性

しっかり検査をして病状にあった適切なブラッシング法を専門家から指導を受けましょう。

※歯周病は予防・軽度・中等度 重度と各ステージでブラッシング法が違います。

※貴方の病状に合った、最も効果的なブラッシングが治療となります。

※日常、当たり前に行っている事こそ、見直しが大事になります。(例、お顔の洗顔法等)

※情報発信型の坂詰歯科医院としては、予防・治療・メンテナンスには、正しい知識・最新情報が必要と考えています。