歯科は、外科系と言われ、抜歯や外科処置が主流でしたが、近年、内科医学思考で、お薬で治す歯周病治療や虫歯治療・予防法が歯科でも広まりました。

歯周病菌が感染することで歯周病は発症しますので、内科疾患と同様に「お薬」で治療が出来ると考えるようになりました。

お薬で歯周病菌を除菌し、薬効の確認は位相差顕微鏡で細菌活動性を調べます。(遺伝子検査法は、保険適用されないので高額負担になり当院は採用していません)

※歯周基本治療であるブラッシングと歯石除去は必ず併用します。※お薬だけでは、バイオフィルムと歯石は除去できません

※ポケット内の取りきれない歯石がある場合はSRP(歯石除去と根面滑沢化)を行います  ※更に深部にある歯石を除去したい場合は歯周外科手術を行う必要が出てきます

歯石・バイオフィルムを「とげ」と考えて下さい。お薬を塗るより、「とげ」を抜けばと思いませんか。・・・・・・「とげ」を抜いて、お薬を塗る

チョイスとして

歯周外科手術ができない場合⇒深部歯石は残し、内科的歯周治療を継続し続け、抜歯時期を出来るだけ遅らせる(避ける)計画的保存延命も検討します。(放置ではありません!)

当院は、抗生剤や抗カビ剤を極力使わない方針で、歯周基本治療、生活習慣・食生活改善、口内細菌顕微鏡像から適切な歯磨剤(市販品ではありません)を選択し、歯周病治療・歯周安定期治療を行っています。    ※症状(臭い・出血・腫れ・痛み等)に合わせた各種歯磨剤や専用リンス剤をご紹介させていただきます。(各歯周病研究会等内で使用し、外部には知られていません)