非歯原性疼痛・非定型歯痛

私がマイクロスコープを使用しての根管治療・根の治療を行うようになって様々な症例と出会いました。他院さんからの根の治療の紹介が増えたのですが、いわゆる難症例と多く出会うようになりました。難症例の中には、根の治療・根管治療が上手くいっているはずなのに、痛みが消えないということが稀に存在します。歯が原因で痛みが治まらないのではなく、歯以外の原因によって痛みが治らないのです。それを非歯原性疼痛・非定型歯痛と言います。様々な細かい病名の分類があるのです。根管治療を行っている歯に関連が多いのは、「神経障害性歯痛」、「精神疾患または心理社会的要因による歯痛」、「特発性歯痛(非定型歯痛含む)」です。

実際の現場で私が今まで遭遇した症状は、根尖病変はないにも関わらず「歯自体が痛い」「歯の周辺の歯茎が痛い」「噛むとかなり痛い」「時々、顔まで痛くなる」「原因だと思っていた歯を抜いても痛みが続く」など様々な症状がみられます。場合によっては三叉神経痛、顔面痛、舌痛症なども疑います。

 

非定型歯痛は患者さんの理解も必要です

根管治療・根の治療の目的は実は「痛みをなくす」治療ではないことを患者さんには理解していただきたいと思っています。根管治療の目的はあくまで「根尖性歯周炎の予防・治療」なのです。場合によっては痛みや違和感も残存することもあります。根管治療はその目的達成のために歯の内部の感染源をお掃除する治療です。症状の原因が歯にあった場合根、根管治療が上手くいけば結果的に痛みなどの症状は消失します。

仮にですが、歯の内部の感染源は可能な限り除去(マイクロスコープで可能な限り確認)が完了し、根尖病変の減少・消失(CT撮影で正確に判断)を認め、さらに咬合性外傷、歯根破折を認めず、周囲の歯にも問題がないにも関わらず、「痛み」が持続する場合、あくまで、私の経験上ですが痛みの原因は歯でない可能性があります。

長い間、根管治療・根の治療が継続し痛みなどの症状が続いてしまった場合多くの患者さんは原因は歯にあると思います。(多くはそうです。)しかし、中には歯が原因でないことも稀にありますので、場合によっては症状の原因は歯ではないことを冷静に受け止めることも重要かと思います。

 

当院の役割(非歯原性疼痛・非定型歯痛)について

当院では、非歯原性疼痛・非定型歯痛の正確な診断・治療は行えません。非歯原性疼痛・非定型歯痛が疑われる場合は、当院が作成する紹介状を持って専門の医療機関(大学病院、ペインクリニックなど)に行っていただき診断・治療を行っていただきます。

地域医療を担う当院の役割は、「マイクロスコープを使用して歯に対する治療を可能な限り高いレベルで行い、痛みなどの症状の原因は歯ではないことをできる限り確定させ、非歯原性疼痛・非定型歯痛の可能性があれば、専門の医療機関へ患者さんを紹介すること」だと私は思っています。

というのも、仮に根の根管治療・根の治療に不備があった場合、専門の医療機関に紹介を行っても根の治療の不備の可能性を指摘される場合があり、場合によっては紹介元の医院に患者さんがもどり、歯が痛みの原因であることを除外するため再度根管治療を行うよう紹介先医療機関から指示を受けることがあります。当院の役割は紹介する患者さんが、他の医療機関から送り返しを可能なかぎり防ぐことだと思います。

 

どこからが非定型歯痛なのか?

根管治療が良好に終了したが、違和感などの症状が残る場合があります。歯の周囲の組織の障害・変性や脳への痛みの信号の残存などが疑われます。違和感、咬むと弱い痛みがあった場合、私は場合によってはそのまま症状の消失を期待し経過を見ることがあります。しかし、そのような症状が強く、日常生活に支障(症状によってストレスがたまる、痛みが我慢できなく薬を飲む、痛くて咬めないなど)が出るほどであった場合は、専門の医療機関に紹介を考えます。

 

 

 

 

 

埼玉県行田市坂詰歯科医院(熊谷,羽生,東松山市,鴻巣,桶川,北本,加須,深谷,蓮田,久喜,伊奈町,館林,東松山市,佐野,蕨,川口,さいたま市からも来院)が歯を抜かない根管治療(根の治療)、マイクロスコープを使った保険診療の根管治療(神経の治療)、ラバーダム防湿、ニッケルチタンファイル,非定型歯痛、非歯原性疼痛、外科的歯内療法(歯根端切除術)、MTA治療直接覆髄、間接覆髄を解説。担当Drは川口市(蕨市より)出身。