歯周病治療に取り組む坂詰歯科医院
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • ドライマウス

タグ : ドライマウス

ミントタブレットは口臭には効かない?!

気になる口臭

みなさんの中には日々口臭で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

人と話をするときなど、口臭があるととても気になりますよね。そのため、口臭が気になるな〰でも外出先で歯磨きなどもってないし。

という方は、コンビニなどに立ち寄り、ミント系やメンソール系のさわやかな香りのするタブレットを買って食べたりする人もいるのではないでしょうか。

ミント

ミントのタブレットは逆効果?!

口臭をなくすために食べたのに、逆に口臭を強くするとしたらどう思いますか?

実は、ミントを食べることで、お口の中の唾液が一時的に出にくくなってしまい、唾液の分泌が下がってしまうそうです。そのため、お口の中が乾燥してしまうそうです。

口臭には、さまざまな原因がありますが、その中でもお口の中の乾燥からくる口臭についてお話しします。

ドライマウスになることでの口臭

お口の中が乾燥し、ドライマウス状態(お口の中がネバネバするなど)になると口が臭くなると言われています。

わかりやすい例でいうと、朝起きたときに口がネバネバして気持ち悪いですよね。その時に口が臭いと言われる人もいるのではないでしょうか?

ではどうしたらよいのでしょうか?

口臭を予防するためには唾液を分泌させることが重要

固めなガムを食べると、噛む作用により唾液の分泌が促されます。味は柑橘系のレモンなどを選ぶとよいでしょう。

また日々生活をするなかで、うめぼしやレモンなど酸味の強いものを意識的に摂ることも唾液の分泌促進につながります。うめぼしなどを想像しただけで唾液がにじみ出てきますよね!

唾液腺のマッサージも有効

そのほかにも唾液の出る線→唾液腺をマッサージするのもよいかもしれません。お口の中の乾燥が悪さをするのは口臭だけではありません。

お口の乾燥は歯周病や虫歯になりやすくなったりしますので、ぜひ、身だしなみだけでなく、お口の中も気にしてみましょう。

歯磨剤と洗口剤

ドライマウスの多くは、お薬の副作用として、唾液減少を起こすことが原因ですが、病気を治す為に必要なお薬を止める事は出来ないのが現実です。

内科的に、唾液を増やす為に、お薬を追加する事は、薬漬けに繋がります。

坂詰歯科医院では、生活習慣・食生活の見直しと虫歯や歯周病の予防、口腔内粘膜過敏(粘膜アレルギー)や口腔内乾燥を改善する歯磨剤と食後の不快感は、唾液の分泌低下や唾液のもつ恒常性の維持が低下した結果で唾液の働きをカバーし、不快感覚を改善し、口臭抑制にも対応した洗口剤をご紹介しています。

坂詰歯科医院では、口臭治療の世界的権威「ほんだ歯科提携クリニック」で採用しているプロトコールに沿った治療法を採用しています。

PAGETOP