歯周病治療に取り組む坂詰歯科医院
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • マイクロスコープ

タグ : マイクロスコープ

2016.6.19 UCLA エンドメンターシッププログラム

私、副院長の松田敦至は

UCLA エンドメンターシッププログラムを修了しました。

・UCLA エンドメンターシッププログラムとは? 

米国UCLA歯学部卒後教育部正式プログラムです。

UCLA歯学部クリニカルインストラクターのエンド(根の治療)の専門医清水藤太先生を中心にUCLAの教授陣による長期間にわたっての根の治療のスペシャリストを養成するプログラムです。日本の根の治療の専門医養成とは全く異なるプログラムです。

米国UCLA式の根の治療養成プログラムです。

日本の根の治療の概念と米国の根の治療の概念は全く異なります。日本式の根の治療の成功率は低く、米国式の根の治療の成功率は非常に高いと言われています。

私は、そのような背景もあり現段階では米国UCLA式の治療を学ぶことにしたのです。

私が本プログラムを修了し、習得した技術は主に、二つ。

①    マイクロスコープを使った「精密根管治療(根の治療)」

成功率高い、治療回数がすくない、予後が良いです。

②    マイクロスコープを使った「歯根端切除術」

精密根管治療で救えなかった歯を抜かず、残すための小手術です。

いままで、歯根端切除術は存在しまいたが、日本ではマイクロスコープを使わず行われていました。マイクロスコープを使わないと成功率は低いのであまり行われなかった処置です。しかし、マイクロスコープを使うことによって成功率は上がりました。マイクロスコープを使った歯根端切除術は、根の治療の最後の砦として、米国の専門医は必ず習得している処置です。

2つの治療は何なのか、簡単に言うと、

自分の歯をより残すための治療です。

すぐに、歯を抜いてブリッジ、入れ歯、インプラントではなく、もし、可能であれば、まず自分の歯を残す努力をしてみませんか?

歯科医師:松田 敦至

抜歯から非抜歯へ。こだわりの根管治療

2015.9.13

マイクロスコープを用いた根管治療(根の治療)について勉強してきました。講師は日本大学松戸歯学部兼講師である橋爪秀城先生です。

従来の根管治療は指先感覚にたよる部分が大半であり、治療の成果個人の技量や経験年数など不確定要素に左右されがちでした。根管治療が唯一直視できない歯科治療であることを考えれば従来通りの治療方法では限界があると言わざるを得ません。

そんな中、当院でも取り入れたマイクロスコープで根管の中を覗くと通例通りでは見つけることが困難な根管や、取り残された感染部分の取り残しなど、次々と目に飛び込んできます。

ここ10年で根管治療はマイクロスコープだけでなく様々な技術確信が成し遂げられています。結果として、症例によっては確実かつ短時間での治療が可能になりました。そして、今まで抜歯とされてきた歯が保存治療の対象に繋げられることも増えましたた。

今回のセミナーでは、より予知性の高い根管治療の実現のために、最新の機材、薬剤の具体的な使用方法を学ぶことができたと強く感じています。

坂詰歯科医院では、マイクロスコープを用いて極力患者さんの歯を残すための治療も用意しています。

歯科医師:松田 敦至歯科医師:松田 敦至

PAGETOP