歯周病治療に取り組む坂詰歯科医院
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • レーザー治療

タグ : レーザー治療

レーザー治療 『LAPT』保険適用外

レーザー治療◆治療時・治療後の痛みがほとんどない

◆短期間での治療が可能

◆通常難しい、歯周ポケットの奥の細菌が除去できる 

『LAPT』とは?

LAPTとは、アメリカ西海岸で生まれた技術であり、レーザーを用いた歯周病の最新治療法です。

数ある種類のレーザーの中でも最新のダイオード(半導体)レーザーを使用し、歯周病の原因である細菌を除去します。レーザー光を照射することにより、歯周病細菌を除去し、その後炎症を起こしている組織を除去します。

そうすることで、歯茎の再生や回復を促します。

LAPTのメリットは?

  • 治療時・治療後の痛みがほとんどない
  • 炎症を起こしている組織を早期に治す作用があるため、治癒経過が良好となる
  • 短期間での治療が可能となるので、負担が少ない
  • 通常では治療が難しい、歯周ポケットの奥にある細菌の除去ができる
  • 歯周病が進行した場合、歯周外科手術が必要になるが、LAPT治療後は歯周外科手術を回避できる可能性が高い  

ダイオード(半導体)レーザーの特徴

  • 疼痛を緩和させる働きがあるため、麻酔の必要がほとんどない
  • 止血性に優れているため、治療時に歯茎からの出血を最小限に抑えられる
  • 電気的な刺激がないため、銀色の詰め物やかぶせ物をした歯にも治療する事ができる
  • 炎症を起こしている組織に特異的に働きかけるため、健康な組織を傷つけることなく治療することができる

治療の流れ

Step 1. 細菌の除去

細菌の除去

まず、歯ブラシなどを使って、事前にプラークを除去します。

次に、レーザー光を歯周ポケットに照射し、歯周ポケット内に存在する歯周病細菌を除去します。

レーザー光を照射することで、奥深くに有る細菌を押し込むことなく除去することができます。

さらに、歯に付着している硬い歯石を柔らかくします。

Step 2 歯石の除去 

歯石の除去

スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯の周りや歯根に付着している歯石を除去します。

その後、歯根表面を滑らかにして炎症組織や細菌を除去し、プラークや細菌が付着しにくい状態にします。

Step 3 炎症を起こしている歯茎の除去 

炎症を起こしている歯茎の除去

炎症を起こしている歯茎にレーザー光を照射して、炎症組織の再生や回復を促し活性化させます。

歯周病細菌によって、歯茎の組織が破壊され、深くなった歯周ポケットを改善します。

2016.2.21 レーザーを用いた実習を行ってきました。

医科歯科大学にてEr:YAGレーザーを用いた実習を行ってきました。

今回は歯肉のメラニン、メタルタトゥー除去や歯周病治療、外科治療での応用など様々な症例を対象としたとても充実した実習内容となっていました。

レーザー治療は従来のやり方では困難だった症例に応用することで、治療範囲を広げることができます。

また、レーザーを用いることで消毒はもちろん、痛みを感じにくい治療を可能とし、治癒促進をすることもできるため、より患者さんが楽に治療を受けることができることが特徴でもあります。

坂詰歯科では用途に合わせた様々なレーザーを用いた治療を行っています。

歯科医師:松田祐理恵

歯科医師:松田祐理恵

2016.1.17レーザー治療について学んできました

今回は、篠木毅先生をはじめ4人の先生による講義にて歯周病治療、軟組織に対するレーザーの使用法と応用について学んできました。

レーザー治療では歯周ポケット内の消毒や歯石除去など、歯周病治療において重要な処置を行うことができます。 もちろん基本的な治療、口腔改善が前提の処置ではありますが、様々な理由により歯周外科を行えない場合にはレーザーを用いた病状の改善を期待する事もあります。

坂詰歯科医院では目的に合わせた治療が行えるよう様々な種類のレーザーを用意しています。

歯科医師:松田祐理恵

歯科医師:松田 祐理惠

レーザー治療で虫歯が治る?

虫歯を退治するレーザー

みなさんレーザーと聞くと、アニメなどで敵と戦うシーンのレーザービームなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

歯科医院で行われるレーザー治療は敵といっても虫歯を退治します。

エルビウムヤグレーザーとは

虫歯治療に用いられるレーザーはエルビウムヤグレーザー(Er:YAG)といいます。レーザー治療では、単一の波長からなる光線(レーザー光線)を歯に照射することで治療の効果がでます。

では、レーザー治療のメリット・デメリットを紹介します。

<メリット>

・タービンのようなキーンという不快な音がしない

歯医者さん独特のこの音が嫌いという方多いのではないでしょうか?

・ほとんど無痛治療で出来る

ほとんどの治療が麻酔をしないで行えます。少量の麻酔を使用して治療する場合もあります。

・健康な歯の部分を多く残す事ができる

普通の虫歯治療の場合虫歯の周りの健康な歯の部分を一緒に削ってしまうことがありますが、レーザー治療はピンポイントで虫歯を削る事ができるので、健康な部分の歯を多く残す事ができます。

・出血を抑えることができる

出血を抑える事で、治療する部位がしっかり確認でき、よりよい治療を行う事ができます。レーザー照射することで、治療後の出血のリスクを低くする事ができます。

<デメリット>

・保険が適用外の場合がある

レーザーの治療費は各医院で異なります。レーザーの治療費は高額になることはありませんが、一般的には自費の治療となります。

・治療に時間がかかる

普通にタービンなどを使って虫歯を削る治療と比べると多少治療時間がかかります。

<レーザーの種類>

レーザーにはエルビウムヤグレーザー(Er:YAG)の他にも、止血効果・麻酔効果に優れているネオジムヤグレーザー(Nd:YAG)、日本での普及率が最も高く主にレーザーメスとして使用されるCO2レーザー、歯肉の炎症や腫れ、痛みの緩和を目的とした治療で使用されるヘリウムネオン(HeNe)レーザーなどがあります。

気になる方は歯科医院へ

このように虫歯治療以外にも口内炎の治療などにもレーザーが使用されます。

痛い治療が苦手な方や、興味のある方は一度歯科医院に聞いてみるのもいいかもしれません。

レーザー治療

エルビウム・ヤグレーザー

むし歯部分だけを削ったり、歯肉の消毒をしたり、治療時の痛みが少なく治りが早い。

エルビウムレーザーレーザー治療

炭酸ガスレーザー切開、止血、凝固、蒸散の効果から、手術など医療分野で幅広く実用化されています。

炭酸ガスレーザー

ソフトレーザー (He-Neレーザー)微弱な出力の光を照射し、創傷治癒の促進、血流改善、疼痛緩和等の効果があります。

ソフトレーザー (He-Neレーザー)

ダイアグノデント(初期ウ蝕診断用レーザー)安全な診査診断を目的とした半導体レーザーを歯に照射し、歯質からの蛍光を記録・数値化(0~99)することでむし歯の進行程度を示し、予防診断をすることができます。

ダイアグノデント(初期ウ蝕診断用レーザー)

半導体レーザー半導体レーザー

口内炎とレーザー治療について考える

口内炎とレーザー治療

口内炎のやっかいな痛みを早期に解消する特効薬、歯科用レーザー治療を知りたい方へ

ボールペンのような形をした器具の先端から緑色の「炭酸ガスレーザー」と呼ばれるレーザー光線と冷却用のエアースプレーを出しながら、歯肉炎やむし歯の治療を行う歯科用レーザー照射器をご存知ですか。実際に治療を受けたことのある方は、恐らく防護用の黄色やオレンジ色のサングラスをつけて治療を受けたのではないでしょうか。

歯科用レーザー治療とは

歯科用レーザー治療は、あのイヤなキーンという歯を削るときの不快な音や痛みがほとんどないことや、ある種のレーザーでは虫歯の予防効果があることなどから、大学や総合病院の口腔外科だけでなく、近年では一般歯科治療でも急速に導入が進んでいます。

歯科用レーザーの作用には、消炎、鎮痛、殺菌、消毒、止血などの作用があり、レーザーの種類によっては麻酔効果もあると言われています。

種類も豊富

レーザーの種類はかなり多いのですが、その中でも「Nd・YAGレーザー」(ネオジウムヤグレーザー)や「Er・YAGレーザー」(エルビウムヤグレーザー)という歯の硬い部分に対しても効果のあるものと、歯肉などの軟組織に有効な「炭酸ガスレーザー」の3種類が代表的です。

それぞれ一長一短がありますが、これほど急速に歯科の分野に普及してきた理由は、レーザー光を患部に的確に照射することが可能となる光ファイバーの加工技術によるところが大きいと言われています。

昔は高価な装置

どういうことかと言いますと、総合病院や一般医科の臨床現場(治療をおこなう場所や設備)は、比較的小規模であると同時に、口腔内という狭くて暗いエリアのかなり細かな患部に光線を照射しなくてはならないという特殊性があり、レーザー装置本体の可搬性、照射器具の先端部分のフレキシビリティなど、歯科用レーザーとしての要件はかなり厳しく、10年ほど前であれば1装置1000万円もするような高価な装置でした。

今ではあたりまえ

それが今では、生産技術の進歩と量産効果により、「夢の歯科治療機械」から「歯科治療になくてはならない装置」、そして「あたりまえの道具」へと普及が進み、先進的にレーザー治療に取り組んでいる歯科医院では、ユニット(治療台)1台ずつレーザー照射器が配置してあるケースも珍しくないようになりました。また最近ではキーンという音のする「タービン」を使わない、あるいは「装備していない」医院も現れてきました。

口内炎治療にも有効

そして口内炎治療の場合、レーザー照射の鎮痛効果で、麻酔を使わずに歯肉や粘膜の細胞組織を活性化するため治りが早く、従来の口内炎治療のようにステロイド系の軟膏を塗る必要はほとんどなくなりました。

なにより安全性が高い

安全性が高く、歯科医師の技術差もあまりないとされる炭酸ガスレーザーの普及が最も期待されるところですが、残念ながらレーザー治療は健康保険が適用されません。炭酸ガスレーザー装置は1台300~400万円と高価なため、健康保険が摘要されない自費診療では医院によって料金が異なりますので、口内炎などのレーザー治療を希望する場合は事前によく治療費を確認してくださいね。

PAGETOP