少しでも多くの歯を残すための歯周病最新治療法を紹介します

各項目で詳細な治療法の説明をしていますが、生活習慣病として厚労省も認め、日常生活の改善努力をする事が歯周病の治療成果に必要とされています。

歯周基本治療と言われる「ブラッシングによるプラークコントロール」と「歯石除去・歯根面滑沢化:SRP」という患者さんから見ると「同じ事の繰返し」と思われる大変地味な地味な地味な治療が続きます。

『検査→歯茎上歯石除去1~2回→検査・再評価→深い歯石(SRP回)→検査・再評価→再SRP→経過期間』と厚労省が保険医療制度として決めていますので、是非、この高いハードルを越えてください。

(保険医療制度は医学的根拠に基づいた制度ではなく、万人が平等に医療を受ける為の世界に誇る行政システムですが、個々により、体質や病状が異なっても考慮される事はありません)

※歯石除去とブラッシング治療していると思うのは??

生活習慣病は生活習慣の乱れが原因です。
「あなたが作る病気」⇔「あなたが治す病気」

歯周内科

初期・中等度の方へ:歯周基本治療を併用し、内科的(薬)療法により歯周病を改善させていきます。
内科的疾患により歯周外科が非適応の方。
歯周外科後の延命(自然脱落)・非抜歯希望の方使用する薬剤により自費診療となります。
抗生剤は出来るだけ使用しません。
専用のマウスピースを作成し、特殊なジェルで歯周病菌を除菌します。

歯周外科

中・重度の方へ:歯周基本治療と歯周内科治療に対して,歯周病症状が改善しない治療抵抗性の高い方(治りにくい方)に、専門的な歯周外科(フラップ)治療を行います。
使用する器材薬剤により自費診療となります。

再生療法

歯周外科と併用し、歯周組織再生治療で、歯槽骨等を再生回復させ、進行した歯周病でも更に延命させられる可能性がある歯を救う最後の切り札です。
使用する器材薬剤により自費診療になります。

サプリメント 

口内細菌と腸内細菌の善玉菌育成(菌活)とカンジダを抑制をして、体質改善し免疫力向上させ、治療効果を高める。
上記3療法と併用する事で、治療効果を早期に高めます。科学的根拠に基づいた医療です。自費診療

※発病しても無症状の代表が歯周病と糖尿病・肝臓病 気付いた時にはすでに重症というケースは後を絶ちません。                                              ※定期健診を続けても、検査結果に沿った治療をしないと治りません。検査=治療ではありません。レントゲン写真・ポケット数値・歯肉の診断力が重要!
※虫歯は経過観察をする事もありますが、歯周病は早期治療が必須です!進行するだけです!
※歯周基本治療:治療する歯を指定する患者さんがいますが、歯周治療では無意味です 口腔内は風呂桶と同じ 部分的に清掃しても効果なし!                                                 ※歯周病が原因の口臭が気になる方は数値化して確認する事が出来ます。
歯周病と 口臭を抑制する専用剤((プロペリ)をご紹介しています。(ほんだ式口臭治療)