『M.I.』とは『ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)』の略で、虫歯治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、虫歯部位だけを選択削除して修復する治療法です。定期歯科検診を受診する事が前提で、欧米では主流の考え方です。

MI治療と通常の虫歯治療の違いは?

MI治療とは生体の持つ自然治癒力を期待する治療です

通常の虫歯治療では、再発予防のために虫歯になりやすい健康な部分(予防拡大)も含めて削ったり、神経が近く痛みが出る可能性のある歯は神経を取る治療(便宜抜髄)を行うことがあります。

これは1度治療した歯が虫歯になったり、痛みが出たり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるために行うもので、一般的に行われている虫歯治療です。

MI治療が普及しないのは、治療時間や回数が増える事もあり、歯科治療は簡単と思っている患者さんからは理解しがたく、学術的要素が多く、予防歯科定期検診を併用しますので、やりたがらない歯医者さんも多いのも現実!
MI治療では再発の可能性のない部位(虫歯菌のいない歯質)は残します。(図の青色点線部分)        そのために接着力の弱い歯質に詰めるためレジン充填材が取れたり、神経(歯髄)の免疫力や回復力が十分働かなくて痛みが出たりすることもあるので、患者さんの理解が必要不可欠なのです。                 ※神経の治療や根管治療の難しさを知っているからこそ、大きく削ったり、神経を取る治療を回避したいのです。

本来のMI治療とは生体の持つ自然治癒力を期待する治療です

MI治療う蝕検知液で染まった部分のみ、削除します。う蝕検知液 感染象牙質が染まる

MI治療ではカリエスチェック(う蝕検知液)を使用しています。                       虫歯に感染している部位を染め出し、着色した感染歯質だけを削り取ります。何回か繰返し、時間はかかりますが、「丁寧な治療」で歯と神経を守る最新う蝕治療です。

その他にもMI治療の為に使用しているもの

マイクロスコープ

マイクロスコープでう蝕部位を拡大する。拡大比較
 

レントゲン撮影をしないで虫歯の状態を把握するために

ケスラースカム
ダイアグノデント

無痛治療のために

エイクレス
Er:YAGレーザー
カリソルブ→保険適用されません

歯の修復に使う材料にもこだわってます。