入れ歯のお話

週刊ポスト

入れ歯作りの難しさ

入れ歯作りの難しさ

歯周病・虫歯の治療法が進歩し、歯が長期残存される時代とともに超高齢者社会に突入し、顎堤吸収の著しい難症例が急増しています。義歯は個人ごとに欠損や残存歯・咬み合わせに様々な条件が異なり、複雑な形態の部分・局部義歯から全部床義歯(総入れ歯)になります。良質で快適な入れ歯を埼玉県行田市の坂詰歯科医院はご希望を聞きながら共同して作ります。

入れ歯専門外来

入れ歯専門外来

入れ歯の不具合を感じられる方に、あなたにピッタリの義歯をご提案させていただきます。高齢化社会で総義歯作りを困難にさせる環境になり、長い経験のある歯科医・技工士の熟練度が満足度の高い入れ歯を埼玉県行田市の坂詰歯科医院では熊谷、鴻巣の皆様にも提供いたします。ミラクルデンチャーを提供する事の出来る歯科医院です。

入れ歯の種類

入れ歯の種類

快適な入れ歯として、金属床があります。薄く違和感が少なく、温感を伝えるので、食事がおいしくなります。全体をプラスチック(レジン)床で作られた義歯もあります。 材料により、長所、短所があります。埼玉県行田市の坂詰歯科医院にご相談ください。