歯科で「養生を」と言われることは少ないと思いますが、医科では、日常語として良く使います。

歯周病は全身の健康状態と関連が深く、日常生活の乱れ、睡眠不足・ストレス等により免疫力の低下し、急性症状を誘発することがあります。

身体を休め、栄養をとり安静にすれば良いのですが、歯・歯茎は食べても、飲んでも、会話しても、唾を飲みこんでも、刺激が発生し、睡眠時には食いしばりと安静が難しい部位です。

病気を治す為に養生するように、歯周病を治すための「養生を」!