カールツァイス社製 PICO MORA

当院2台目のマイクロスコープです。2018年1月から稼働しました。さらなる高性能のマイクロスコープを坂詰歯科医院は導入しました。

カールツァイス社製のマイクロスコープは操作性、見やすさ、画質に関しては全メーカーで一番です。値段も一番ですが…(笑)。カールツァイス社製のマイクロスコープの一番の特徴はレンズにあります。カールツァイス社製のレンズはコーティング技術が優れており、それによってより鮮明な画質をつくりだし根管のより先まで見ることが可能です。また、アームが非常に繊細に作られており、マイクロスコープをスムーズに動かずことが可能で非常に治療がしやすくなります。

根管治療の難症例に関してはカールツァイス社製での治療でなければ対応できないと思います。今後当院での精密なマイクロスコープを使用した根管治療はカールツァイス社製のマイクロスコープを使用し行っていきます。

 

 

ズーマックス社 ブライトビジョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0426

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院が三年前に一番最初に導入したマイクロスコープです。私にとって思い入れのあるマイクロスコープです。このマイクロスコープで初めてマイク根管治療を体験しました。初めて歯の中をのぞいた時は衝撃的でした。今まで肉眼下で根の治療を行っていた際、なかなか治らなかった歯の原因がマイクロスコープを覗くことで原因が一目瞭然にわかったのです。このペントロン社製のマイクロスコープで私はマイクロ根管治療の腕を磨きました。ペントロン社には非常に感謝をしています。今では自信をもってマイクロスコープを使った根管治療を行っております。

当院でのペントロン社製マイクロスコープは、診査・診断、根管治療、齲蝕治療、補綴治療、外科治療に使用しています。

ペントロン社製ブライトビジョンの長所

マイクロスコープは非常に高額な器材です。歯科医院でも導入率は5パーセントほどと言われております。ペントロン社製のマイクロスコープの長所はまずは価格に対してコストパフォーマンスがずば抜けていることです。マイクロスコープ自体にフルハイビジョンカメラを内蔵し画質が綺麗で非常に使いやすく便利です。また患者さんに動画を見せやすいシステムを兼ね備えています。そして機材のオプションが非常に充実しています。アームの数を増やし長さを確保できるので手術に非常に活躍します。最近ではiPod、iPhoneを接続し、ワイヤレスで動画を送信できたりすることが可能です。ペントロン社は便利さを非常に考えるメーカーです。

 

 

 

 

埼玉県行田市坂詰歯科医院(熊谷,羽生,鴻巣,桶川,北本,加須,深谷,蓮田,久喜,伊奈町,東松山市,太田,佐野,蕨,川口,さいたま市からも来院)が歯を抜かない根管治療(根の治療)、マイクロスコープを使った保険診療の根管治療(神経の治療)、ラバーダム防湿、長く続く痛み、外科的歯内療法(歯根端切除術)、歯性上顎洞炎、直接覆髄、間接覆髄MTA治療、カールツァイス社製マイクロスコープ解説。担当Drは川口市(蕨市より)出身。